ホームスポーツ協会からのお知らせ

最新情報

スポーツ振興

スポーツ協会モバイル 新潟県健康づくりスポーツ医科学センター にいがたスポーツ.net

『「オリンピックアスリート活動支援」の指定変更について』

平成30年度公認アシスタントマネジャー養成講習会(専門科目)を開催します。

(公財)新潟県スポーツ協会では、総合型地域スポーツクラブなどに必要なマネジメントの基礎的知識を有する人材を養成するため、標記講習会をり開催します。
なお、本年度当協会では「日本スポーツ協会公認スポーツリーダー」(共通科目)の養成講習会は開催しませんので、必要に応じてNHK 学園等で資格を取得してください。

          記

1 期 日 平成30年9月11日(火)~12日(水)
2 会 場 新潟県健康づくり・スポーツ医科学センター大研修室
新潟市中央区清五郎67 番地12 デンカビッグスワン内

詳しくはこちら

平成30年度新潟県社会人スポーツ推進協議会総会を開催しました。


総会 馬場会長あいさつ


講演会 木場先生


講演会の様子 皆さんで実践

平成30年6月4日(月)、平成30年度新潟県社会人スポーツ推進協議会総会を新潟グランドホテルで開催しました。

 

(1)報告事項

  ア 第72回国民体育大会の成績結果について

  イ 第73回国民体育大会冬季大会の成績結果について

  ウ 平成29年度「協賛金」募集結果について

  エ 優秀なスポーツ選手や指導者の確保に関する状況について

(2)審議事項

  ア 平成29年度事業報告(案)及び収支決算報告(案)について

  イ 平成30年度事業計画(案)及び収支予算(案)について

  ウ 規約の一部改正について

 

5 その他

  ア グッドスポーツカンパニー(スポーツ推進企業認定制度)について

  イ 第39回北信越国民体育大会・第73回国民体育大会について

以上について審議、承認を得ました。

平成29年度協賛金として、ゴールド17件、シルバー11件、ブロンズ33件、合計61件、1,660,000円のご協賛をいただきました。ご協力ありがとうございました。

 

【講演会】

 

演題 「アスリートを支える! ~プロトレーナーと企業の視点から~」

講師  KOBAスポーツエンターテイメント株式会社

    代表 プロトレーナー  木場 克己 氏

 

講師の木場 克己(こば かつみ)先生は、プロサッカー選手の長友佑都選手や競泳の池江璃花子選手など、多くのトップアスリートをサポートするプロトレーナーとして、様々なメディアで活躍しています。プロトレーナーとして、一企業の代表として、映像を交えながらトップアスリートと寄り添いながら支える様子やセカンドキャリア支援の重要性にも触れていただきました。

また、先生が提唱する「KOBA(こば)式体幹バランストレーニング」の説明では新潟県スポーツ協会の育成指導者が短時間でも変化があるトレーニングを壇上で実践し、その後参加者の皆様からも実践していただき、とても和やかな雰囲気のうちに閉会しました。講演会終了後は、同会場にて懇親会を行い、会員相互の親睦を深めました。

平成30・31年度役員一覧.pdf 平成30年度会員名簿.pdf 新潟県社会人スポーツ推進協議会規約.pdf 平成30年度事業計画.pdf 平成30年度収支予算.pdf

平成30 年度公益財団法人日本体育施設協会「公認体育施設運営士養成講習会」開催のお知らせ

公益財団法人新潟県スポーツ協会では、より安心・安全で良好なサービスを提供できるスポーツ施設の充実を推進するため、公益財団法人日本体育施設協会と本会の共催により、「公認体育施設運営士養成講習会」を開催要項のとおり開催します。

この機会に多くの皆様から受講いただきますようご案内申し上げます。
なお、新潟県体育施設協会(事務局:公益財団法人新潟県スポーツ協会)では、新規会員も募集しております。入会方法等については、下記事務局までお問い合わせください。

『公認体育施設運営士』とは―
公認体育施設運営士の役割は、体育スポーツ施設におけるマネジメントの専門家として、事業の企画・実施、人材育成、接遇管理など施設の運営全般に携わることです。
講習会では、顧客満足度・収益向上・費用対効果の高い運営のあり方、指定管理者公募条件に対応した提案書作成や評価など、体育スポーツ施設を運営する現場で必要とされるノウハウの習得を目指します。
詳しくは、公益財団法人日本体育施設協会のホームページをご覧ください。
http://www.jp-taiikushisetsu.or.jp/

○受講料20,000 円+認定試験受講料15,000 円(体育施設協会会員団体の職員及び学生は10,000 円)

❏ご不明の点や体育施設協会に関しては、公益財団法人新潟県スポーツ協会スポーツ推進課(澁谷・和泉)までお問い合わせください。
〒950-0933 新潟市中央区清五郎67 番地12 デンカビッグスワンスタジアム内
TEL025-287-8600 FAX025-287-8601

H30年度公認体育施設運営士養成講習会・資格認定試験開催要項.pdf

公益財団法人新潟県体育協会の名称変更について

 スポーツ基本法の施行、新潟県スポーツ推進プランの策定といった様々な動向、また日本体育協会が「体育」の概念を包摂している広義の「スポーツ」という言葉をもって、平成30年4月1日から日本スポーツ協会に改称することなどを踏まえ、加盟団体の意見も参考としつつ平成29年12月13日に開催した第4回理事会及び平成30年2月15日開催した臨時評議員会での審議を経て、下記のとおり名称を変更しますので、お知らせいたします。
 今後は「公益財団法人新潟県スポーツ協会」として、本会の目的達成に向けて更に力強く歩みを進め、スポーツを通じて新潟県の発展に寄与していく所存ですので、引き続き皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                                        記

 1 名称
    現 在:公益財団法人新潟県体育協会
    新名称:公益財団法人新潟県スポーツ協会
 

  2 変更時期
    平成30年4月1日

新潟県労働金庫様から本会への寄付金贈呈


阿部専務理事/江花理事長

平成30年1月24日(水)にデンカビッグスワンスタジアム会議室にて、新潟県労働金庫様から公益財団法人新潟県体育協会の青少年の健全育成活動にと「ろうきん笑顔プロジェクト2017」の寄付金450,800円を贈呈していただきました。

新潟県労働金庫様の社会福祉貢献活動の一環である「ろうきん笑顔プロジェクト」は、「〈ろうきん〉を利用するとより多くの笑顔につながる!」をコンセプトに2015年からスタートされた取り組みで、新規ご利用1件につき、100円を新潟県労働金庫様が拠出して地域に貢献する活動を行う団体等へ寄付をされている活動です。

贈呈式では、新潟県労働金庫理事長江花和郎様から「若い人たちの育成にお役立てください。」と公益財団法人新潟県体育協会の阿部徹専務理事に目録が手渡されました。

この度頂戴した寄付金は、スポーツを通じて青少年の健全育成に取り組んでいる『スポーツ少年団』の交流活動や人材育成活動など、子どもたちの笑顔が更に広がるような活動に有効活用してまいります。

新潟県労働金庫様並びにご利用者の皆様に心から感謝申し上げます。

スポーツ団体向けの「プレゼンテーションセミナー」を開催します。

2月20日(火)に、平成29年度第3回地域スポーツクラブマネジメントセミナーを開催します。

今回は、総合型地域スポーツクラブやスポーツ団体のスタッフ等のプレゼンテーションスキルの向上を目的に開催します。
※映像プレゼンや資料作成の方法ではなく、「相手に伝わる話し方」の技術が中心のセミナーです。

詳しくはこちらをご覧ください。

新潟県社会人スポーツ推進協議会ホームページ開設のお知らせ

 この度、新潟県社会人スポーツ推進協議会ホームページを開設いたしました。

 協議会の概要や活動内容の紹介、フェイスブックによる新着情報の提供、会員入会案内などの内容となっております。

今後も協議会に関する情報発信を行い、内容の充実を図ってまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

 

新潟県社会人スポーツ推進協議会

ホームページ

 http://www.niigata-shaspo.jp

フェイスブック

 https://www.facebook.com/niigata.shaspo

スポーツ団体向けの「チラシ・WEBページカラー戦略」セミナーを開催します。

2月7日(水)に、平成29年度第2回地域スポーツクラブマネジメントセミナーを開催します。

今回は、総合型地域スポーツクラブやスポーツ団体のスタッフ等が、チラシやWEBサイトなどの広報ツールを企画する際に重要となる「失敗しない色づかい」「色彩心理」「色彩計画の考え方」などのほか、具体的なコツ、改善事例などを学びます。

詳しくはこちらをご覧ください。

平成29年度ジュニアスポーツの育成と安全・安心フォーラムの開催について(参加者募集)

社会情勢の変化により、子どもたちが犠牲となる痛ましい事件が数多く聞かれるようになってきた昨今、スポーツ活動の現場及びその周辺においても、子どもたちの安全を確保し、安全にそして安心してスポーツに取り組み、楽しむことが出来る環境を整えることが急務となっている。本フォーラムは、ジュニアスポーツの育成に欠かすことのできない安全・安心対策について、法学・教育学・心理学・医学などの見地から問題点を明らかにし、議論することにより、問題解決の方策を探ることを目的に開催されます。

【平成29年度ジュニアスポーツの育成と安全・安心フォーラム】

主催:公益財団法人日本体育協会日本スポーツ少年団
       公益財団法人スポーツ安全協会
       日本スポーツ法学会
期日:平成29年12月10日(日)
会場:アートホテル新潟駅前
定員:150名
参加料等:無料・昼食(弁当)支給
申込期間:11月15日(水)まで
申込先:各市町村スポーツ少年団又は新潟県スポーツ少年団(025-287-8600)
 
詳しくは、開催要項(pdf)をご覧ください。

 

H29ジュニアスポーツの育成と安全・安心フォーラム_開催要項_0001.pdf

にいがたアスリートキャリアフォーラム2017のご案内


講師 ポピンズ 小川 将司 氏


リーフレット イメージ

 新潟県社会人スポーツ推進協議会が主催する「にいがたアスリートキャリアフォーラム2017」を11月17日(金)ANAクラウンプラザホテル新潟で開催いたします。

 このフォーラムは、アスリートと新潟県社会人スポーツ推進協議会の合同イベントです。第1部の講演会と第2部のワークショップを通じて、アスリートと会員企業との相互の交流を図るイベントとしては「新潟県内初」の試みです。

 

 なお、アスリートの皆さんには交通費の補助制度があります。(リーフレット参照)是非この機会を活用し、アスリートの皆さんには新潟県内の企業や生活環境、競技環境などを改めて知る機会にしていただきたいと考えております。

 

 「新潟で頑張りたいアスリート」「企業の皆様」のご参加を募集しています。

 お申込みは、下記の「にいがたアスリートキャリアフォーラム2017リーフレット」をご覧の上、裏面申込用紙に記入しファクシミリまたはEメールでお送りください。

【お申込み・お問い合わせ】

新潟県社会人スポーツ推進協議会(新潟県体育協会内) 025-287-8600 

にいがたアスリートキャリアフォーラム2017リーフレット.pdf

平成29年度幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム「普及促進研修会」の開催について

公益財団法人日本体育協会が平成26年度に作成した「幼児からのアクティブ・チャイルド・プログラム」の普及を通じて、幼児の受入に向けた機運を高めていくとともに、活動プログラムの充実を図るため、地域のスポーツ少年団や保護者、スポーツ関係者等を対象に、効果的な活用法を周知することを目的とした、「普及促進研修会」を今年度より県内にて開催することになりました。

【平成29年度幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム「普及促進研修会」】
期日:平成29年10月28日(土)
会場:上越市総合体育館
定員:50名
申込期間:10月13日(金)まで
 

多くのスポーツ関係者からの参加を募集しております。
詳しくは、開催要項(pdf)をご覧ください。

H29_ACP都道府県普及促進研修会_開催要項(上越市).pdf H29申込書.doc

「県立アリーナ」建設実現に向け陳情書を提出しました!

 本県の競技力向上やスポーツの普及をはじめ、地域の活性化などに大きく貢献が期待される、国際大会等が開催可能な規模と機能を有する『県立アリーナ(総合体育館)』建設の実現に向け、平成29年6月21日に新潟県議会に陳情書を提出しました。
 なお、陳情の内容は下記の陳情書をご覧ください。
  また、17万人を越える県民の署名という熱い民意のもとに活動している「県立アリーナ建設促進協議会」(会長:宮川忠和)も同日付けで陳情書を提出しました。
 今後とも、建設の早期実現に向け、県民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

2017年6月県議会陳情書(県体協).pdf

平成29年度新潟県社会人スポーツ推進協議会総会を開催しました。


総会の様子


講演会 サコス株式会社 木本 隆 様


講演会 株式会社ADI.G 浅野 弘治様

平成29年5月9日(火)、平成29年度新潟県社会人スポーツ推進協議会総会をホテル日航新潟で開催しました。

 

【総会】

(1)報告事項

  ア 第71回国民体育大会の成績結果について

  イ 第72回国民体育大会冬季大会の成績結果について

  ウ 協賛金制度と新規事業について

  エ 優秀なスポーツ選手や指導者の確保に関する状況について

  オ その他

(2)審議事項

  ア 平成28年度事業報告及び収支決算報告について

  イ 平成29年度事業計画及び収支予算について

  ウ 規約の一部改正について

  エ その他

(3)その他

  ア 地域におけるトップアスリート育成プロジェクト支援事業について

  イ スポーツ推進企業認定制度について県民スポーツ課から説明

以上について審議、承認を得ました。

なお、報告事項ウの「協賛金制度と新規事業」をお認めいただきました。会員の皆様へは改めて協賛金について文書にお願いいたしますので、事業の趣旨をご理解いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

【講演会】

演題 

「トップアスリートの採用がもたらす企業と地域の変化」

講師

株式会社ADI.G 代表取締役社長 浅野 弘治 氏

サコス株式会社 総務部次長 木本 隆 様

 

総会終了後の講演会では、JOCが主催する「アスナビ」のシステムを利用し、トップアスリートを採用した2社の事例の発表を中心にご講演いただきました。

株式会社ADI.G代表取締役社長浅野弘治様から、採用の経緯や社内での役割や実際の業務、支援への思いについて具体的なお話がありました。採用されたビーチバレーの村上斉選手のメッセージや活躍の様子の動画が印象的でした。

そして、サコス株式会社木本次長様から、レスリング阿部宏隆選手との出会いや、競技と社内業務の年間スケジュールや評価の方針、採用によるメリットなど詳細をご披露いただきました。

参加者はなかなか聞く機会の無い企業の取り組みにメモを取りながら聞き入っており、アスリートの採用の重要性について理解や意識が深まった講演会で、熱気の中無事終了いたしました。講演会終了後は、同会場にて懇親会を行い、会員相互の親睦を深めました。

 

 

平成29年度会員名簿.pdf 平成29年度事業計画.pdf 平成29年度収支予算.pdf 新潟県社会人スポーツ推進協議会規約(H29.5.9改正).pdf 平成29年度講演会リーフレット.pdf

平成29年度スポーツ振興支援事業の実施について

本会加盟団体又は県内のスポーツ団体が実施するスポーツ事業の開催を支援することで、新潟県におけるスポーツの普及・振興を図ることを目的とする標記事業を実施しますので、補助金を希望する場合は、要項を確認の上、期日までに申請してください。

提出期限
平成29年5月10日(水)必着


※ 留意事項

(1)交付申請書を提出されても必ずしも補助金が交付されるとは限りません。また、補助事業の対象となった場合でも補助金額は申請額どおりとならない場合があります。
(2)交付金申請の記入要領を参照し、見込まれる事業効果等を必ず記入してください。
(3)補助金は原則として精算払いとします。(事業報告書の提出を受け、補助金額が確定した後に確定額を一括交付します。)
(4)補助事業を実施する場合は「公益財団法人新潟県体育協会補助事業」とプログラム等に表記してください。
(5)不明な点については、担当者までお問い合わせください。

H29年度スポーツ振興支援事業通知.pdf 平成29年度29スポーツ振興支援事業要項.pdf 29 スポーツ振興支援事業<様式1 交付申請書様式>.doc 29 スポーツ振興支援事業<予算・決算書様式>.xls

新潟スポーツマンクラブ様からの寄付金の贈呈について


(左から)阿部専務理事、本田幹事長、瀬野

平成29年3月27日(月)、新潟県のスポーツ文化の推進に寄与するとともに、本会を支援するために活動されている、新潟県スポーツマンクラブ様から本会に対して、本会創立90周年記念事業にと25万円の寄付金を贈呈していただきました。

 貴重なご寄付を賜りましたことに深く感謝申し上げますとともに、これからも本会に対し、一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げ、お礼の言葉といたします。

プレスリリース&WEB活用セミナーを開催します。


新潟県広域スポーツセンター事業の一環として、地域スポーツクラブの運営に必要な専門的知識や手法について理解を深め、地域のスポーツ環境を充実させる人材の育成を目的としてセミナーを開催します。

今回は、総合型地域スポーツクラブやスポーツ団体のスタッフ等が、より効果的な広報活動が行えるよう、プレスリリースの活用方法、WEB・ソーシャルネットワークサービス(SNS)の活用方法をテーマに開催します。

参加費無料、地域スポーツクラブ関係者及びセミナーの内容に興味・関心がある方はどなたでも参加可能(先着40名)です。ぜひご参加ください。

詳しくは開催要項をご覧ください。

20170221マネジメントセミナーご案内(チラシ・開催要項).pdf ★H28マネジメントセミナー申込書.xlsx

(公財)新潟県体育協会創立90周年記念ゴルフ大会を開催しました。

 7月25日(月) 本会創立記念日に 笹神五頭ゴルフ倶楽部 様 全面協力のもと95名(27組)の皆様から参加をいただき、創立90周年を記念してゴルフ大会を開催しました。

 当日は、最高気温が30℃を超す真夏日となり、ゴルフをするには過酷な気候条件となりましたが、参加者の皆さんは、それぞれ熱中症対策をしながらプレーを楽しみました。

  参加された皆様、暑い中、本当にお疲れさまでした。

  結果は次のとおりです。

 <成績結果> 競技方法 18ホールストロークプレー、9ホールペリア方式

  優 勝  竹谷 耕作 様

  準優勝  平野 清明 様

  3 位  宮田 純一 様

 また、下記の法人様から賞品のご協賛をいただきました。

 厚く御礼を申し上げます。

                                     (順不同・敬称略)

 アシックス(株) (株)大塚製薬 麒麟山酒造(株) (株)ことりや

 コニカミノルタNC(株)  ゴルフパートナー新潟紫竹山店 

 (有)さくら電気  笹神五頭ゴルフ倶楽部 (株)上越観光開発 

 (公財)スポーツ安全協会新潟県支部  セコム上信越(株) 

 (株)全研ビルサービス トンボ繊維(株) 新潟県ゴルフ連盟  

 新潟綜合警備保障(株) (公財)新潟県スキー連盟

 新潟県スポーツ用品小売商協同組合 (株)新潟パティネレジャー  

 日新工業(株)  (株)ホテルオークラ新潟   ミズノ(株)  ヨネックス(株)

(株)笹神様からご寄付をいただきました。


  平成28年7月7日(木)、(株)笹神様から本県のスポーツ振興の支援にと第31回笹神五頭ゴルフ倶楽部チャリティーゴルフ大会収益金の一部129,500円をご寄附いただきました。

  昭和61年に開催された第1回大会から現在まで31年間、毎年、寄附金を頂いており、近年の厳しい経済情勢の中、寄附金を賜ったことに深く感謝申し上げますとともに、本県のスポーツ振興のために有効に活用させていただきます。